<   2007年 07月 ( 19 )   > この月の画像一覧

National Portrait Gallery

b0016709_8125245.jpgチューダー王朝~ビクトリア時代~現代。
ありとあらゆる肖像画を集めた美術館。
おお、ヘンリー八世...!
というのもおもしろいけれど、
やはりキャッチーなのは、現代。
Andy Warholのエリザベス女王、
トレーナーと長靴姿のラフなチャールズ皇太子。
ポール・マッカートニーや、Virginグループ総帥、
リチャード・ブランソンなど、Sir たちも...。

b0016709_8131933.jpg写真作品としては、「Love Deluxe」の
ジャケットになったSADEもあります。
これは、Sonia Boyceという、
アフロカリビアン系イギリス人アーティストの
呼びかけで集まった18人の
Black British Female Singerたちによる
人種差別撤廃運動の一環。

b0016709_8133950.jpgJanet Kay、Des'reeなど、
一線で活躍するアーティストがずらりと並んでます。
漆黒の肌の美しさとパワーに圧倒され...
ポートレイトって、人物の一瞬を
切り取りながらも、その背景にある
色々なものも映し出すからすごい。
[PR]
by sasanet1202 | 2007-07-25 08:17 | UK

Garden Pizza Party

b0016709_6245631.jpg今年の夏は雨も多いし、
気温もいまいちあがらない...
このまま秋になっちゃうの?
とみんな嘆いてますが、
雨上がりの夕焼け空の美しさは格別。
そんな空のもと、ルームメイトたちと、
今夜は、ピザパーティ。

b0016709_6251738.jpg生ハムとモッツアレラチーズが乗った
巨大チルドピザが、
スーパーマーケットで3ポンドなり。
オーブンで焼くと、こんがりおいしい。
ちょっと寒めの夏でも、
やっぱり、こうやってなかなか暮れない
夕焼けの中、外でご飯が
食べられるのは幸せだなあ。
[PR]
by sasanet1202 | 2007-07-22 06:47 | UK

British Library

b0016709_5555113.jpgユーストンにある大英図書館。
カフェやギャラリーまで併設されて、
モダンで明るい雰囲気。
が、しかし、ここにはすごい
資料が山のようにあります。
シェイクスピアの初版、マグナカルタの手稿、
「Yesterday」の歌詞を書き留めた
ジョン・レノンの手書きノートまで。
思わず、おお...と唸ってしまいました。
[PR]
by sasanet1202 | 2007-07-22 06:19 | UK

Harry Fever!

b0016709_5174616.jpg映画の公開と、最終巻の発売とで、
ハリー 一色のロンドン。
わたしも、公開すぐに見に行きましたが、
レスタースクエアで行われていた
プレミアに、たまたま出くわし、
3人のスーパスターたちを目にしました。
ロン役のルパート・グリントくんがかっこいい。
しかし、地響きかと思うような歓声だったなあ...
まだまだハリーフィーバー、続きそうです。
[PR]
by sasanet1202 | 2007-07-22 05:39 | UK

Canterbury ~ Whitstable

b0016709_7542152.jpgまたまたコーチで日帰り旅行。
今度は、ロンドンから南へ2時間弱、
カンタベリーです。
バスは、城壁をくぐり抜け、町の中心へ。
イギリス国教会の総本山、
カンタベリー大聖堂の尖塔が見えてきました。
4世紀もの時をかけて完成させたという
ゴシック様式の大聖堂は、
真下から見上げるとすごい迫力。

b0016709_7554892.jpg世界遺産にも登録されています。
パイプオルガンが鳴り響く
聖堂内を進んでいくと、
みごとなアーチ天井と、
巡礼者の姿が描かれたステンドグラス、
大司教の眠る棺...
ひとつひとつをじっくり見ていると
きりがないくらい、そこかしこに
贅沢な意匠がこらされています。

b0016709_7591283.jpg聖堂内をひとまわりして大回廊へ。
この日は、めずらしく、
夏らしい陽ざしの降り注ぐ日。
ひんやりした石の回廊に陽が差し込み、
一種、独特な時間の流れが...。
建物のパワーに圧倒されたまま、
ふらふらと大聖堂を後にして、
町を探索してみました。
かわいらしい城跡があったり、

b0016709_8331582.jpgボート遊びのできる運河があったり、
並木道のきれいな公園があったり...
ただ、小ぶりな町なので、
そうとうのんびりしたところで、
帰りのバスまでにまだ時間が余ってる
ということで、よし、と思い立ち、
海辺の町、Whitstableまで
足を伸ばしてみることにしました。

b0016709_825398.jpgカンタベリーからは、バスで30分の距離。
丘をひとつ越えて、目の前に、
真っ青な海が広がる光景は、
まさに感動的!
遥か沖の方には、風力発電の風車が並び、
日本の海じゃないなという感じです。
実際に、波打ち際まで来てみると、
かなりの強風、波も荒い。
それでも、みんな、ボートハウスで、

b0016709_8421216.jpg名物の牡蠣を食べたり、
ヨットの手入れをしたり...のんびり幸せそう。
つかの間、イギリスらしからぬ
リゾート気分を味わえました。
ほんとに小さな港町なんだけど、
ちなみに、この町にもかわいいお城があります。
薔薇の咲く庭園を抜けると、
昔ながらの芝生のボーリング場...なんとイギリス的な!
Whitstable、おすすめです。
[PR]
by sasanet1202 | 2007-07-20 08:01 | UK

Bit of blur

b0016709_552304.jpg今、本屋さんに並んでる
BlurのAlexのエッセイ本。
サイン入りのものが、
ふつうに並んでるあたりがすごい。
ちなみに、彼は、今、
奥さんと子どもと一緒に、
コッツウォルズに住んでるそう。
ロンドンから車で3時間。
いいなあ、自然にあふれた生活!
[PR]
by sasanet1202 | 2007-07-20 06:00 | UK

Cheese room ~ Rise Festival

b0016709_84587.jpgセルフリッジズの裏手で開催されているという
ファーマズマーケットに出かけたら、
道中、とっても素敵なお店を発見。
チーズルームを併設した
オーガニック食材のお店です。
わたしたちも、テイスティングののち、
おいしいチーズを調達。
そう、今日は、Finsbury Parkで、
フリーのライブフェス。

b0016709_8184945.jpgさっそく、芝生の上に敷物しいて、
ワインとチーズでまったり。
今年のメインアクトは、Jameria、Kelis、
などなど、ブラック系のアーティスト多数。
個人的には、夕暮れ時のSka-talitesが
気持ちよかったな~誰かが飛ばした
無数のシャボン玉が、夕焼け空を映しながら、

b0016709_830380.jpgふわふわ飛んでて、
とっても幸せな気分になりました。
ちなみに、このフェスティバル、
人種差別反対=against racismを
訴えかけるイベント。
ジャマイカン、バングラ、クバーナ...と、
いろんなジャンルのテントもあって、
なかなかに盛りだくさんでした。
[PR]
by sasanet1202 | 2007-07-17 08:39 | UK

Mika Exhibition@Blink Gallery

b0016709_7112610.jpg3rd single「Big Girl」の
リリースにあわせて、
Oxford Circusにある
Blink Galleryで、
Mikaのスケッチ&ドローイング&
ペインティング展が開催されました。
地下に降りると、ロリポップの山!
しかも、お持ち帰り自由、
まさに、ポップワールド。
[PR]
by sasanet1202 | 2007-07-17 08:02 | UK

Cotswolds (Cheltenham~Winchcombe)

b0016709_7524527.jpgロンドンからコーチで3時間、
緩やかな丘陵地帯が続く
コッツウォルズ地方。
はちみつ色した民家の屋根、
草原の中を続くドライストーンの石垣、
のんびり草を食む羊たち。
まさにイギリス的な風景が広がっています。
まず、ロンドンから乗ったコーチが
到着したのは、エリアの拠点となる
町のひとつ、Cheltenham。

b0016709_75366.jpgかわいらしい小ぶりな町で、
ロンドンとはまったく違う、
のんびりした雰囲気。
そこから、ローカルのバスに乗り換え20分、
Winchcombeの町を目指します。
丘陵をぐんぐん登ってゆくバス、
車窓から、はるか下に見える村々は、

b0016709_7532895.jpgおもちゃの箱庭みたい!
そんな景色に癒されながら、
Winchcombeに到着。
1時間もあれば1周できるほと
小さな町だけど、町のシンボルとなる
スードリー城への道のりを散歩したり、
メインストリートの小さな店をのぞいたり、
古い僧院跡に建つ教会で休んだり...
ちなみに、このエリアには、

b0016709_754148.jpg政府公認の散策ルート、
パブリック・フットパスがあります。
羊が逃げないよう、柵を開け閉めしながら、
牧草地帯を歩くというもの。
散策の途中、フットパスの標識を発見、
のんびり歩いてゆく老夫婦を見て、
いつかチャレンジしてみたいなあ、
なんて思いました。
[PR]
by sasanet1202 | 2007-07-15 09:06 | UK

Athlete@KOKO

b0016709_8115554.jpgカムデンにあるライブハウス、KOKO。
元は、100年の歴史を持つ劇場。
ボックス席、シャンデリア、真紅の壁、
じゅうたん...とってもゴージャス。
ちょっとかび臭い感じがまたいい。
サポートアクトに、mapsが出て、
その後、Athleteが登場。
彼らは、直球のUKロックというより、
ちょっとひねった展開をするのが、

b0016709_8121558.jpgくすぐられるバンドですが、
ライブでも、そのあたりをきっちり
抑えてくるのが、なかなか律儀。
秋にはニューアルバムも出るし、
楽しみなところ!
ちなみに、こちらは、ライブ中にみんな
フラッシュたきまくりで写真とりまくり。
日本じゃ、考えられないなあ。
[PR]
by sasanet1202 | 2007-07-12 08:35 | UK